介護の保険ソフト導入について

category01

介護の保険ソフト導入においては、行う業種に合ったもの、必要とする機能の把握、種類の3つを抑える必要があります。

費用面に関しても重要な要素の1つとなりますが、まずは、必要となる保険ソフト自体を把握することで、初めて、費用の比較をすることが可能となります。
介護業務は、主なものとして、居宅支援による方法、通所による方法、訪問による方法、通所リハビリテーションによる方法、訪問看護、サービス付き高齢者住宅などのサービスがあります。
介護の保険ソフトは保険請求等など基本となる内容は全ての商品に設けられていますが、他に、それぞれのサービス内容に特化したシステムも取入れられています。
そのためによりスムーズに業務を行うためにも、サービスにあったシステムを導入することが大切になります。
導入においては事業規模に合わせて商品を選択することも必要です。
事業規模が小さい場合などでは軽微なシステムの商品でも十分に対応することができ、その分、費用を抑えることができます。


選択をする上において種類は重要な要素となります。ここでは、特徴を良く理解しておく必要があり、タイプとしては、パッケージ型とASP型の2つがあります。



まず、パッケージ型はCD-ROM等の媒体を用いてパソコンにダウンロードをして利用することになり、インターネット回線が無くても使用できます。

今、評判なのはこちらのYOMIURI ONLINEに有効な知識の紹介です。

導入コストが高いことやバックアップが必要となるデメリットはあるものの、大きなメリットとして、利用者にとって重要となる個人情報の流出を高い確立で防げることがあります。
一方ASP型は、費用面、制度変更対応の迅速性に大きなメリットがあり、反面、インターネットを利用するために第三者からのアクセスなど、しっかりとしたセキュリティ対策が必要になります。



企業の事柄

category02

2000年に介護保険法が始まって以降社会福祉法人だけでなく、株式会社や有限会社が介護業界の参入に入ってきました。しかし、企業倒産件数のなかには経営に行き詰まった事業所などが多数あります。...

subpage

企業関係の真実

category02

一国一城の主を目指し、介護業界に参入する会社はたくさんあります。介護保険制度が始まって以降、この分野に手を付ける民間企業は多く、また、経営が行き詰り、去っていくのです。...

subpage

身に付けたい知識

category03

行政から許認可を受けて事業を行う介護保険事業所には、経営の合理化は欠かすことが出来ない課題です。だからといって他の事業のように、人員の整理つまり人件費の削減では、最悪の場合人手が足りなくなって人員に関する基準を満たせなくなる恐れが生じます。...

subpage

最新情報

category04

高齢化社会がますます進んでいる日本においては、心身の機能が低下して日常生活に支障をきたしている高齢者の数は増加傾向にあります。平成12年4月より施行された介護保険制度によって、介護が必要な状態になった高齢者の支援を国は保険制度として支え合うシステムを構築しました。...

subpage