介護の経営に必要なスキル

一国一城の主を目指し、介護業界に参入する会社はたくさんあります。
介護保険制度が始まって以降、この分野に手を付ける民間企業は多く、また、経営が行き詰り、去っていくのです。



ビジネス視点でいえば接客業のようなものですが、昔ながらの人のお世話、生活支援というのは、単に客と店員という関係だけに終われないのです。
結果、サービスの質を問われ、責任負担増加に伴い、離職率が多いのも仕方のないことかもしれません。

様々な分野の毎日新聞情報といえばこちらです。

経営で安定化するためには介護事業者のコンセプトをしっかり持っておくことが必要なのです。


管理者が介護保険事業所を立ち上げる場合、または障害者総合支援法を立ち上げる場合、把握しておくべきは法律です。
特にどうすれば報酬が増えるのか、何をしておかなければ減額、あるいは報酬返還が発生するのか、頭に叩き込み、法改正と共に素早く展開していくのです。
単にお金があったから、または儲けたいからではこの業界は大変です。
福祉はもともと生活困窮者支援のためのものであり、ビジネスとは相容れぬところではありますが、この二つを見極めていくことが必要です。
経営者の手腕でもある人材確保は、一人減れば、報酬を得るために必要な人員配置基準を満たすのに苦労します。

また、専門職の配置をしなければ加算が取れない時代です。



いかに人を集め、専門職を集められるかが課題です。

地域に根をしっかり貼ることに加え、関係事業所や医療機関、行政とのつながりも大いに必要になります。